スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【白夜行】
 

一月末までの映画の券で何を見ようかと迷った挙句、この白夜行を見てきました。

最初に本を読み、その後ドラマを見て、最後がこれ。
分厚い原作本、12話くらいのドラマ。149分の映画。

ドラマは、原作と違い、最初に犯人というかことの顛末をぶっちゃけてしまっていて
そこがなんとなく納得いかなかった私。
映画のほうが本に忠実だったかもしれません。
堀北真希ちゃんは、今なおセーラー服が似合う。。。
そしてセレブな若奥様もできちゃう。でも、暗い表情。。。女優ですねー。

重い映画でしたが、冷たいだけでなく悲しく切ない想いが残りました。

movie comments(4) -
【バーレスク】


 あけましておめでとうございます。(なんだか今更感。w)

今年もどうぞヨロシクお願いいたします。


バーレスク


今年1本目の映画は、去年からずっと観たかった「バーレスク」。
すでに見に行った人からも「よかったー!」という声があちこちで。
で、本当によかったです。Happy endなことも観ていて気持ちがいいし
なんといってもあの歌唱力。そして踊りのすごさ。色気。
同じ女と思えないくらい。汗

サントラ盤も買いました。w 帰りの車の中でもう録音しました。
友達が観に行くと言ったら、またついて行きそう。
DVDかBDが出たらまた買って、家でも観てしまいそう。
でも劇場で見るのが一番いいと思う。

もちろん好き好きはあると思いますが
私はハマってしまいました。^^オススメです〜◎
(女性のほうがこういうの、好きかもしれないな〜)

オフィシャルサイトは こちら。 この中の、口パクコーナーが最高!!www


movie comments(2) -
【ノルウェイの森】

ノルウェイの森1



原作ははるか昔にブレイクした頃に単行本を買って読んだ。
ヨメに来る時に処分したのだろうか、見当たらない。記憶も無い。

このクリスマスに中3の娘が読みたいので買ってと言ったので買って与えたけど
ちょっと早すぎたもよう。滝汗
実は私も、昔読んだ内容を全く覚えていなかった。。。(今読み返しているのだけど)
たぶん、当時全く理解できずにいたので心に残らなかったのだと思う。

で、映画を観てやっぱり理解しづらい自分がいた。。。
もちろん、若い頃よりは少しはわかっているのかもしれないけど
人間として浅いのか。。。
肉親でない愛する人を亡くした喪失感を経験したことがないからか。。。
他にも理由は挙げられるけれど。
時間が経つにつれ、じわじわと染み込んでくるのか。。。
心と身体のバランスが取れにくい微妙な精神状態を
うまく操れないもどかしさとでも言うのかな。
そういえば、私も今から思えば 
自分でも理解できない行動を取っていた時期があったと思う。



緑を演じている水原希子ちゃんがキュート。(役柄はぶっとんでいる気がするけど)
サイトのキャストのところを見たら、父がアメリカ人、母が韓国人だそうで
で、なんで日本名なんだろうと不思議に思ってしまった。w

あぁ、すみません。やっぱり私は精神的に幼いのだと思われます。。。;;

とりあえず、本の続きを読むことにする。。。
(今のところ、映画より「文章」が素敵だなぁと感じてる)



movie comments(0) -
【レオニー】【ゴースト(菜々子版)】【ハリーポッターと死の秘宝】
 ずっとさぼってます。
サボっている間に見た映画が↑の3本。
まだ見たい映画が【バーレスク】【ノルウェイの森】
年末はさすがに落ち着いて見にいけませんが・・・
といいながら、新しく46インチのテレビが届いたので
レンタルDVDを借りて来ていますが。

レンタルですでに見たのが【遠くの空に消えた】←momoが神木くんファンなので
そして【キラーヴァージンロード】(上野樹里ちゃん&木村佳乃)

どちらも面白かったです。


ところで。今日はクリスマスイブ。
我が家はダンナが泊まり勤務なので、いつものようにチキンを焼いたりすることもなく
いつものお店にmomoと、エミリーちゃんと行く予定。
momoは今日が終業式。恐怖の成績表をいただきます。
その後部活の予餞会。お菓子を食べて楽しく過ごしてくるようです。


ものすごーく寒い一日になりそうですが
みなさん、暖かい一日をお過ごしください♪
movie comments(0) -
【海猿 Last Message】
 海猿

【海猿】シリーズを全部を完璧に見たわけではなかったのですが、
だいたいのことはわかっているので、2Dで観てきました。
結末は想像がつくものの、やっぱり迫力があって、ドキドキ。
今日の私の体調には少ししんどいくらいの迫力でした。汗

伊藤くんと佐藤くんの明るいお茶目なシーンがほっとさせてくれました。
今回も、エンドロールの映像がなんとも言えずお気に入りです。w

それにしても、海上保安庁勤務ってほんっと大変。
あんな仕事ダンナ様を持つ奥さんなんてしんどすぎる。。。
movie comments(0) -
【大奥】


ママ友に誘われて「大奥」を見てきました。 タイピングが「おおおく」。笑

うわさには聞いていましたが、うーむ。小学生には見せられないわ。というシーンが多いです。
内容はよかったです。思っていたよりも。
2時間半でしたが、そんなに長く感じなかったのです。
柴咲コウの将軍もぴったりだし、蔵之介さんも好きな役者さんだし
ニノはちょっと小柄なのが気になったけどw
ちょっと突っ込みたくなる展開もなきにしもあらず、でしたが・・・

もしかしたら続編があるかもしれませんね。
movie comments(0) -
【悪人】
 悪人1
悪人2

予告を見ていたときには 見に行かないでおこうかなと思っていた作品。
カナダで開かれた第34回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門に出品され、ヒロインの深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞しました。

だんだん誰が悪人なのかそうでないのかわからなくなってくる、というのは本当でした。
岡田くん扮する大学生が、かなり軽薄で嫌なやつで、
こういう役が似合うのは、岡田くんの唇の薄さかなぁ。。。なんて関係の無いことを考えてしまった。笑
「ホノカアボーイ」や、もうすぐ上映される「雷桜」とも全く違う、
あ、そういえば、「告白」にも出ていましたね。
すごいな、いろんな役ができるんだ。。。って脇役に目を向けてどうする。

もちろん主役の二人もすごかったです。絡みが。。。<おぃ
ではなく、本当に妻夫木くんが妻夫木くんじゃないみたいな。
あの爽やかさはどこへ行った?
深津ちゃんは、おどおどとした、おとなしい女性だったのに
一途に突っ走ってしまうひたむきさがすごくて。

チラシにも写真があるように、灯台がとても重要なポイントでした。

   エンドロールに「でんでん」さんの名前があったけど、
   どこに出ていたんだろう。。。。。
movie comments(6) -
【トイレット】
 

公式サイト

「かもめ食堂」と「めがね」の荻上直子監督の最新作を観てきました。
カメラ仲間のてんちゃさんと一緒にガーデンシネマに行きましたが
レディースデイということもあって 小さな会場はいっぱい。
自由席ですが、二人並んで座ることもできませんでした。
(間に座っていた人が一つ席をずれてくれたら並べたんですけど 苦笑 ←パン齧ってたし)

ママが死んで残されたバラバラな3兄弟妹。
日本から呼び寄せられた英語のわからないばーちゃん。
そしてネコのセンセー。
小さなエピソードを介してだんだん寄り添っていく家族。

全くセリフがなくても、その圧倒的な存在感を示してしまうもたいまさこさん。
最初は風変わりな3人の子供たちも
見ている間にすごく愛しく感じてしまいました。
皮から手作りの餃子を食べたくなりました。

みんなで一緒にご飯を食べるって、素敵なこと。
トイレってみんなにとって、どんな意味のある場所でしょう。

トイレで思考する トイレで泣く トイレで仮眠する・・・
いろんなトイレのあり方がありますね。。。

もう一度見てじんわり浸りたい映画です。


movie comments(0) -
【きな子ー見習い警察犬の物語】
 

公式サイト

ダンナが見たい映画だったので、親子3人で見てきました。
犬好きのmomoは、動物モノはすぐ泣いてしまうので見るのをいやがるのですが
(予告編ですらウルウルする)
今回はちゃんと我慢して?見ることができました。

レトリバーという犬種、たれ耳である容貌からも
ちょっと情けないくらいのかわいさを持ったきな子。
なかなか思うように訓練を進められない杏子。
(本当はキョウコだけどアンコちゃんと呼ばれている)

実話に基づくこのきな子は未だに警察犬試験に合格せずにがんばっているそうです。
ひたむきにがんばる姿は、見る人みんなに勇気を与えることと思います。
そして、犬って本当に人間との絆を持てる動物なんだなと。。。
momoも何かを感じたかなぁ。。。

犬好きの我が家には、たまらなくかわいいと思える映画でした。
ペットとして買われているテリア?がかわいくてたまらなかった私です。
movie comments(0) -
【カラフル】
 

最初momoがチラシを見て怖いと言っていた映画なのですが
結局momoが本を買って読み、観たいと言ったので 
夏休みの宿題が片付きそうだとわかって 今日やっと見に行ってきました。

一番小さなプレミアホールで、
左半分は一人用リクライニングチェアが2列。右半分は、二人用のベンチシートが2列というホール。
スクリーンは小さめでしたが、快適でした。

私はまだ本を読んでおらず、CM予告以外の予備知識全くなく見たのですが
思いのほかいい映画でした。
momoに言わせれば、お兄さんのいいセリフがカットされていたとか言ってましたが
そのあたりは、また原作本を読もうと思います。

主人公たちの年齢も、中学3年生と、momoと一緒で
共感できる部分もたくさんあったんだと思います。
コーラス部が歌っているアンジェラ・アキの「十五歳の君へ」など
とっても効果的だなぁ。。。と思いました。

中高生の思春期の子供たちに見てもらいたい映画だと思います。
ま、原作を薦めるほうがいいのかもしれませんが。^^

公式サイト

movie comments(2) -
<< | 2/4 | >>