スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
別れ



夕食を食べかけたときに、姑がケンタがおかしいと呼びに来ました。
夕方の集中豪雨で、庭には水がたくさんたまっている状態。

ケンタは、小屋の中ではなく、小屋の前で横たわっていました。
朝から何度も吐いて、呼びかけても力のない目を向けるだけだったケンタ。

私が行ったときには、もう、息を引き取っていました。

まだ雨が降っていましたが、下側右半身が濡れていたので
母屋の縁側近くの濡れないところに連れて行ってやりました。
まだ暖かく柔らかいケンタの体。

その最期を看取ることはできなかったけれど
どこかに遊びに行ったり、旅行に行っている間でなくて良かった。

そして、シェリーの時と同じく、
翌日は、momoが学校も部活もない日。

我慢して、日を選んで逝ってくれたのかな。

ケンタ、ありがとう。そしてごめんね。
もっともっと一緒に遊びたかったよね。
だけど、しっかりお留守番と番犬をしてくれて
知らない人が来ると教えてくれたね。ありがとう。
かわいそうなこともいっぱいあったけど許してね。

虹の橋の向こうで、シェリーたちが待っているから
一緒に遊んでね。。。

dog comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








ケンタくん
お疲れ様でした。uraran家で幸せな毎日を過ごせたから、皆に心配かけないように、そっと逝ってしまったんだね。
momoちゃんは、大丈夫ですか?
またひとつ、素晴らしい経験をしましたね。
ワンコは・・・動物達は、私達人間に命の大切さ、素晴らしさを身をもって教えてくれる。見習う事がいっぱいですね。
ケンタくん 安らかに・・・ご冥福をお祈りします。
from. junkayo | 2010/07/18 09:48 |
>junちゃん ありがとうね。
もちろんmomoは泣いたけど、シェリーの時みたいに泣き叫んだりはしなかった。
それが経験というものなのかもしれないね。

シェリーの時もだったけど
私はいつも後悔ばかり。
きっと、犬でも、人でもそんな思いはあると思うわ。
我慢強かったケンタに本当に感謝しています。。。
from. uraran | 2010/07/18 10:11 |
ケンタ君・・・ 虹の橋に旅立ったんやね。。

うららんちゃんの家で 色んな想い出いっぱい作って
みんなの都合も考えて 日を選んで行ったんやね。
うちの 乱太郎もそうやけど 私達が居る日に亡くなった。。
ワンコも 他の動物も みんな自分を愛してくれた人の事を
しっかり判っているから。
ケンタ君も 家族の皆に感謝してると思う。

きっと 虹の橋のたもとで シェリーちゃんや沢山の仲間と
家族との再開を待ってるよ。
今までの楽しかった日々を振り返りながら
一緒に虹の橋を渡る日までね。

ケンタ君 どうぞ安らかに御眠り下さい。
ご冥福をお祈り申し上げます。
from. mogu | 2010/07/19 14:27 |
>moguちゃん

ケンタにはね、もっともっと私がやってあげないといけないことがいっぱいあったの。
ここでは書けないくらい、私は飼い主として本当に最低だった。
シェリーにはMRIを受けさせたりいろんなことをしてあげたのに
ケンタには何もしてあげなかったのよ。
きっと恨んでると思う。。。涙

それでも何も言えないから我慢してくれていたんだよね。
本当にかわいそうなことをしたと反省しているの。
もう外で飼うような犬はイヤって思ってる。

ケンタには、虹の橋の向こうで、辛いことは何もないで楽しくシアワセに過ごして欲しいな。

moguちゃんありがとね。
きっと乱ちゃんとも一緒に遊んでいるよね。
from. uraran | 2010/07/19 22:27 |
そうだったんや。。。ごめんね、お悔やみが遅くなってしまって。
仔犬の時にプロカメラマンに撮ってもらったケンタくんの写真、
今でもはっきりと覚えてます。白い毛がきれいで男前やったよね。
人でも犬でも別れは辛いけど、自分を責めたりしないでね。
from. ケリコママ | 2010/07/20 23:51 |
>ケリコママちゃん
いえいえ、いいよ、ありがとう。
コーギーらしくない顔立ちだけど、男前やんね。笑
写真撮ってもらって本に載ったあの頃が一番あのこもシアワセだったかも。
ラムが来て、ちょっと立場を譲ってくれたかも。。。
ばーちゃんに、「ものが言えたら、きっと文句ゆうてやるわ」って
何度も言われたよ。
私もいつの頃からか、ケンタで腕に蕁麻疹がでるようになっちゃったのよ。涙
だから思うように構ってあげられなかったのよね。だからどうしても後悔してしまう。

動物に対して、アレルギーの出ない丈夫な体だったらよかったのに。
お悔やみの言葉、ありがとう。
from. uraran | 2010/07/21 07:23 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://uraranmomo.jugem.jp/trackback/186
<< NEW | TOP | OLD>>