スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【誰も知らない】
 

主演の柳楽優弥が2004年度のカンヌ国際映画祭において史上最年少及び日本人として初めての最優秀主演男優賞を獲得したことで大きな話題を呼んだ映画です。
巣鴨子供置き去り事件を題材としたものですが、本当にこんなことが実際に起きるなんて
悲しくて、なかなか観ることができなかった映画。

観終わってもやっぱり胸が痛み、だけど、たくましく助け合って生きる兄弟姉妹たちを見て
日ごろの贅沢をちょっと反省させられました。
なんでもあることが当たり前だと思っていてはいけないんだなと。

柳楽くんの目は、当時からずっと言われていましたが、本当にすごい。
当時14歳でしたが、他の子供たちもすごい。
めちゃくちゃ自然な演技で、まるでドキュメントを見ているかのよう。

今は、親の子への虐待や、子供が親を殺すなど
本当に悲しい事件が多すぎます。
どうしてこんな風になってしまったのか。
どうして、親子間の愛情がこんなに希薄になってしまったのか。
もちろんそれはほんの一部だけれど、いろいろ考えさせられる映画でした。
DVD comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://uraranmomo.jugem.jp/trackback/185
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/07/20 19:09 |
<< NEW | TOP | OLD>>